--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑
Thu.

演奏会に行きましょう!!

皆さん、演奏会に行ってますか?音楽の練習をしていらっしゃるのに、一度も生の演奏を聴いた事が無いなんておっしゃる方は、まさか、いませんよね?!もし、そんな方がいらっしゃれば、私達の商売を妨害されていらっしゃいますので、すぐに、演奏会に行きましょう!
私(孝治)は、小学校5年でフルートを始め、それ以来、外国人フルーティストの演奏会は、東京近郊で聴ける全ての演奏会に行っていました。この習慣は、大学入学まで続きました。これが、私にとって本当に大きな収穫になっています。一つの演奏会に行って、前で聴いて、どんな口で吹いているだろうかとか、細部まで見て、今度は、後ろに行って聴いて、どんな風に音が聴こえてくるか研究し、本当に、熱心に聴きました。音大に入った頃は、みんなの前で、有名フルーティストの特徴を捉えて、吹きまねするのが上手く結構うけていました。
続きを読む
スポンサーサイト
11:18 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

外国製オールドフルートを是非1本お持ちになっては?

孝治とさとが楽器の事を随分記事にしておりますが、それは、何故かと言われれば、それは、私達が日本人だからです。何それ!!と皆様お思いでしょうが、日本は、キリスト教の国ではありません。ヨーロッパ・アメリカなどでは、殆どの家庭がキリスト教徒で、産まれた時から自分の意志には関係なく、教会に行き、洗礼を受け、毎週、オルガンを聴き、合唱を聴いています。産まれた時からというのが、重要で、産まれた時から日本人でも例えばイギリスに暮らしていて、英語を毎日聴いていれば、誰でも英語が話せる様になってしまうのと同じく、産まれた時から、オルガンを聴き、合唱を聴き、色々な楽器の音を聴いていれば、それだけで、誰でも音楽の音に関する感覚は、発達します。しかし、日本では、産まれた時から、オルガンを聴いたり、合唱を聴いたり、色々な楽器の音を聴くには、親なり、周囲の人々がそう言う物を聴かせようという意志がない限り、不可能に近いのです。
この違いは、本当に違いますよ!!!
続きを読む
12:18 | フルート | comments (21) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

ワンポイントフルートレッスン

今回は、ワンポイントのフルートの吹き方に対するアドヴァイスを書きます。
まず、皆さんの思いは、楽に美しい音が出したいという事ではないでしょうか?実は、それは、そんなに難しくはありません。楽に美しい音が出ないのは、簡単に言えば、フルートを吹く時に、口の廻りと、肩・首・腕・指に力が入っているからです。「な~んだ、そんな事いつも先生が注意している事と同じだと!」お思いの方も多いでしょう。それでは、体の力を抜く方法を書きますね!
続きを読む
15:12 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

忘れてました!もうひとつの大事な楽器



我が家の大切な、ピッコロです。
ドイツ製の、フィリップ・ハンミッヒ。
しかしすんごい理由は、『☆」が付いているのです~~~~
これは、マイスターの印。初代フィリップの製作の印ですかねぇ。

このピッコロはドイツから直に購入したので、とてもお安く求められました。
そして何より、素晴らしく吹き易い!!!
よぉく見て頂くと、リッププレートに”波~~”がご覧頂ける事と思いますが、このお陰なのかなぁ~?ホントに吹き易いです。
そしてモチロンただ吹き易いだけでなく、しっとりと落ち着いた音色ですてきなの!

昔、さとが初めて所有したピッコロは、ヤマハの木管。確か、20万くらいだったかなぁ???
その後、ゼントナーの木管に買い替え、音教(関東では、”スクール”とカッコ良く呼ぶらしいが、関西では潔く”じゃりコン”と呼ぶ)やブラス、オケ等で使用していました。
そう言えば、ルイ・ロットやボン・ヴィルのは、現在のフレンチモデルのようにリングキーになっていて、何だか押さえていると頼りない感じがするのですが、やっぱりピッコロも、
「うぅ~~~ん、ステキ
な、音だったなぁ。
所有したことはないけれど、少しの間お借りしてオケ等で吹いた時期はあります。
「音程が悪すぎる」
なんて仰るプレイヤーもいるけれど、そんなことない!と思いましたワン。
続きを読む
00:12 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

フルートの色々

最近、ブログ掲載お休みしていてごめんなさい。実は、前回掲載した中の「家庭の事情」について書こうと思っていたのですが、まだ、考えが纏まりませんので、今回は、フルートについて少し書きます。
現在、フルートは、様々な材質で作られていますね!ノーマルなのが、銀、後は、金これも現在は、9k/10k/14k/18k/24kなど様々、それから、今、見直されているのが、木管ですよね。私の、学生の頃は、材質が変わった理由は、ホールが大きくなったので、木管では、大きい音が出ないので、金属に変わって行ったと教えられました。こんな事を、未だに信じている方はいらっしゃいませんよね~?
続きを読む
12:04 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。