FC2ブログ
Tue.

外国製オールドフルートを是非1本お持ちになっては?

孝治とさとが楽器の事を随分記事にしておりますが、それは、何故かと言われれば、それは、私達が日本人だからです。何それ!!と皆様お思いでしょうが、日本は、キリスト教の国ではありません。ヨーロッパ・アメリカなどでは、殆どの家庭がキリスト教徒で、産まれた時から自分の意志には関係なく、教会に行き、洗礼を受け、毎週、オルガンを聴き、合唱を聴いています。産まれた時からというのが、重要で、産まれた時から日本人でも例えばイギリスに暮らしていて、英語を毎日聴いていれば、誰でも英語が話せる様になってしまうのと同じく、産まれた時から、オルガンを聴き、合唱を聴き、色々な楽器の音を聴いていれば、それだけで、誰でも音楽の音に関する感覚は、発達します。しかし、日本では、産まれた時から、オルガンを聴いたり、合唱を聴いたり、色々な楽器の音を聴くには、親なり、周囲の人々がそう言う物を聴かせようという意志がない限り、不可能に近いのです。
この違いは、本当に違いますよ!!!
続きを読む
スポンサーサイト



12:18 | フルート | comments (21) | trackbacks (0) | edit | page top↑