--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑
Tue.

名曲博覧会



我々の地元、青葉台フィリアホールにて、我々のCDの伴奏者の山口昌子さんの『歌とピアノのリサイタル~名曲博覧会』が開催され、孝治くんもCDの曲でゲスト出演しました。
山口さんは、川崎市麻生区のしまりすミュージックホール(私達も度々演奏させて頂いてます!)の支配人。
とってもヴァイタリティに溢れた方で、お客様を楽しませる事に関してのアイデアには毎回敬服致します。
孝治くんも、今日はあさっての演奏会でも使用する、全木管のオーガストでのCD演奏。
以前、フィリアでリサイタルをやったときは、銀で吹いたけど、フィリアは木管が合うのかな?
とても吹き易かったそう。

さぁ、次は近江楽堂だ
スポンサーサイト
00:37 | 演奏会情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

フルートアンサンブル・スピッツェ 第4回定期演奏会


来る、10/22(日)午後2時より、横浜みなとみらい小ホールにて、
「フルートアンサンブル・スピッツェ 第4回定期演奏会」を開催致します。
曲目は、

モーツアルト作曲「ディヴェルティメント K.138」
マウリー作曲「7本のフルートの為のチェンジーズ」
ホルスト作曲「惑星より、木星」
岩田学作曲「委嘱作品(新曲)」
ドビュッシー作曲「弦楽四重奏曲」

入場料は、前売券・日本フルート協会員¥2500
     学生券(高校生以下)¥1500
     当日券¥3000

とさせていただいております。
日曜日の午後、お得な前売券や学生券もございますので、是非、
我々の美しいアンサンブルの響きをお楽しみにご来場下さいませ。

皆様のお越しを、出演者一同、心よりお待ち申し上げております。
00:47 | 演奏会情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

ドビュッシー「弦楽四重奏曲」


我らがスピッツェの専属アレンジャーの岩田氏より、10月のスピッツェの定期演奏会のメイン曲、
ドビュッシー作曲「弦楽四重奏曲」のアレンジ譜面がようやく(!)届きました。
(イワタサン、オツカレさま!)
チラシも出来上がって来た事だし、さぁ、約ひとつきでスピッツェがどんなドビュッシーをお聴かせするか・・・・

お楽しみに
23:34 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

フルートとギターによるデュオ・コンサート



皆様こんにちは!今日は、9/20午後7時、オペラシティ3階にある近江楽堂で開く『フルートとギターによるデュオ・コンサート』のおしらせです。一人でも多くの方に是非聴いて頂きたく、紹介させて頂きます。今回使用するフルートは、約90年前に製作された、ドイツのアウグスト・リヒャルト・ハンミッヒの全木管フルートです。今、売られているアウグスト・リヒャルト・ハンミッヒは、子孫の方が受け継いで作られている楽器ですが、今回の楽器は、アウグスト・リヒャルト本人の作です。アウグスト・リヒャルト自身の全木管フルートは、かなり少なく、現在、お目にかかる事は滅多に無い貴重なフルートです。音色は、真さに透き通る様な美しさで、今の、全木管フルートとは、かなり音色の深みも違います。また、ギターも、竹内さんがこだわり、日本には、日本の湿気に適した木を使ったギターを使った方が響きが良いとの考えで、四国のギター製作者によるギターを使用します。是非、響きをご来場頂きご体感ください。
楽器の話は、これくらいにして、何といっても、聴いて頂きたいのは、充実した曲目です。曲目ですが、
1 ファルカシュ作曲/牧歌・あやつり人形
2 プーランク作曲/無窮動
3 ハウグ作曲/カプリッチョ
4 モーツァルト作曲/ピアノソナタイ長調より第1楽章
5 イベール作曲/小品(フルートソロ)
6 竹内作曲/妖精の調べ(ギターソロ)
7 ピアソラ作曲/タンゴの歴史
となっております。
楽しい話を交えながら、親しみ易いコンサートにするつもりです。
曲目は、どれも、素敵な曲ばかりですが、何といっても、聴いて頂きたいのは、ピアソラの「タンゴの歴史」石井がこの曲をどう料理するかお楽しみ下さい。それから、ハウグのカプリッチョはあまり聴いた事が無いと思いますが、スイスの作曲家で、和音の面白さ、曲の構成の立派な所は、圧巻です。モーツァルトのピアノソナタは、生誕250年でありますし、フルートのパート譜の構成を私の師であるJ.C.ジェラールが務めていることもあり、また、この曲自体私の最も好きな曲の一つでもありますので、その思いを込めて演奏します。
入場料は、前売3000円となっております。ご来場ご希望の方は、どんどん、コメントにお書きの上お申し込み下さい。また、都内の有名フルート専門店でもチケット販売致しておりますのでご利用下さい。皆様のご来場心よりお待ちしております。
11:48 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。