--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑
Sun.

クリスマスだ!

071229_1843~0001

ようやく、植村先生の精算が終わり、フランスのターキーをご馳走になった。
きゃぁ~~~、ターキーって実は初めて食べたけどこんなに美味しいものだったんだぁ。
スポンサーサイト
02:08 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

ファルベ研究会~第1回 アンサンブル講習会

バタバタしていて写真を録り忘れたのが残念!!ですが、23日13時から、地元藤が丘地区センターの一室を借りて行いました。
参加者は、まだ初めて数ヶ月の方から現役音大生や音大を卒業した人まで、総勢15名が集まってくれました。
これだけレベルの差があると、正直、まとめたり皆さんが楽しめるよう指導するのは大変でした。
でも「とっても楽しかった!!!」という感想をもらってヨカッタぁ・・・
そして、こうして集まってくれたみんなに感謝。
今後も展開しますので、是非楽しみにしていてくださいね!
01:11 | フルート教室 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

CD「フルートで奏でる心のうた」

CD表紙

今日は、我々のCD「フルートで奏でる心のうた」にまつわるエピソードをお話しします。

まずは、このCDを作ることになったそもそものきっかけは、さとの母親が昔からとにかく童謡や世界のメロディーを聴いたり口ずさんだりする事が好きで、さとと孝治が結婚した時にその記念に作って欲しい、と言い出したからなんです。
CD製作に関する事なんて、もちろんなぁんにも知らない母親は「身内と近しい人に配るだけでいいから、50枚もあれば・・・」などと申し!!!
CD作るのに50枚でいい、とは何と高額になる事か・・・と説明し、理解してくれました。
ですから、このCDの中に収められている曲は全て母が選曲したものです。
「あれもいいし、これもいいし~~~」
と悩みまくる母に、「せめて40曲までにしてっ!!」と頼み・・・
しぼりにしぼって(モチロン本人は不服だったようですが)23曲、収めています。

母の苦労(?)はここまででしたが、次は”楽譜”。
とにかくさとも孝治もアレンジ物はキライ。
オリジナルをもとめて、23曲の楽譜を捜すのに1年以上かかりました。
小学生の生徒の音楽の教科書を見せてもらいましたが、今はチンプンカンプンな曲がほとんど!
そう言えば、”滝廉太郎の「荒城の月」”も消えてしまったんだよなぁ・・・(悲しすぎるよね)
しかし、どうしても見つけられなかった伴奏譜もあって完全に全くのオリジナル寸法という訳にはいきませんでしたが、かなり頑張りました。(山口さんがそれはそれはセンス良く弾いて下さってます!)
”オリジナル”ということは“歌の譜面”ですから、一緒に口ずさんでいただくことが出来るんですよ。

録音も、絶対にホール演奏の生音にこだわる我々。
同じ拘りを持つ、孝治のドイツ以来のお友達の高橋氏に依頼。非常にいい音で録って下さいました。そしてモチロン1日で。SP大好きな我々は、たくさんのトラックを録って加工したくなかったからです。そのとき、ホールにいらして下さったお客様に聴いて頂いている様に・・・・

「フルートで奏でる心のうた」は、さと命名。
表紙の絵は、拙いですが趣味で水彩画を描くさとの父親に、さとがかつて勉強したイギリスの大好きな場所”コッツウォルズの丘”の写真を見せて描いてもらいました。

最後に価格。
この”税込1500円”というのは、孝治が設定しました。
何故にこんなにお安いかと言うと(さともそうですが)とにかくSPでもLPでもCDでも外版が好きな孝治。何故かって、全然音が(録音が)良いから。そして同じ物でも外版の方が断然安い!!!
だから、です。
良い物が高いのは当たり前、安い物が悪いのもダメ。良い物が安いことがすごくいいことなんです。

おかげさまで、このCDは”音と響き”に拘りを持つフルート仲間(ご長老の先生方も含めて)からは絶大なる評価を頂いております。
もちろん、「次はフルートらしい、CDを」とのお声も。
”音と響き”に高い評価をいただいているファルベは、目下次作を思案中です。

「フルートで奏でる心のうた」は、こちらのブログからもご注文頂けます。
是非お聴き頂いて、皆様にとっての大切な物を再確認して下さい。



00:52 | CD | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

ぐらんあみコンサート

RIMG0012_20071212002303.jpg

ちょっとブレておりますが・・・

去る日曜日の「ぐらんあみコンサート」です。
前の週に風邪をひいて高熱を出してしまいましたが、何とか無事に元気に本番を終える事が出来ました。
いつもながら、いっぱいのお客様で感謝。
期せずして、”ロシアもの”が集まり12月っぽいプログラムでした。
ありがとうございました。
00:26 | 演奏会情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

植村泰一フルートリサイタル

12月19日(水)東京・JR千駄ヶ谷駅前にある津田ホールにて午後7時より「植村泰一フルートリサイタル」が開かれます。私共が運営している音楽マネージメント・ファルベがご協力させて頂いております。植村泰一氏は、長年NHK交響楽団のフルート奏者を務め、また、石井の恩師であり、今も多くの音楽のアドヴァイスを頂いております。今回は、プログラムも、モーツァルトとバッハのみという拘ったプログラムとなっております。植村先生の使用楽器は、フランスのルイ・ロットの初代、今から120年位前の楽器です。それから、今回は、ピアノの調律にも拘り、古典調律のヴァロッティという調律法で調律致します。プログラムは、モーツァルト作曲ソナタ ト長調KV.301,J.S.バッハ作曲 無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調BWV1011,モーツァルト作曲ソナタ ホ短調KV.304,J.S.バッハ作曲ソナタ イ長調BWV1032となっております。ピアニストは、砂原悟氏、入場料は4000円(日本フルート協会員3600円)間違いなく素晴らしいコンサートです。是非、お誘い合わせの上、ご来場お待ちしております。チケットお求め・お問い合わせは、ファルベ(電話045-972-6703,E-Mail yurifl24@zav.att.ne.jp)までお気軽にご連絡下さい。
12:43 | 演奏会情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。