--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑
Wed.

ファルベコンサートシリーズvol.16

P1000809.jpg
なかなか抽選に当たらないので、定期的に開催出来ないのが目下の悩みなのですが、来たる6月7日です!
これから「フルート・デュオ」の曲をどんどんやっていこうと思ってます。
前売券がございますので、是非お早目にご予約くださいませ
スポンサーサイト
15:02 | 演奏会情報 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

ラリュー&工藤さんの演奏会に行きました!

P1000807.jpg


5/11(少し前になりますが)に「マクサンス・ラリュー&工藤重典 奇跡のデュオリサイタル」を聴きに行きました。新旧のフランスフルートの響宴でとても素晴らしい演奏会でした。そして、ラリューの演奏の素晴らしさ、フレンチスクールの香りを久々に思い出し、失われつつある奏法に危機感を覚えました。私は、マルセル・モイーズがとても好きで、高校時代に初めてモイーズが来日し、講習会を開いた時、初めて生の音を聞いたときの印象は、今も忘れずに心に持ち続けているつもりでしたが、この日のラリューの演奏を聴き、現代に生き、騒音とも思える汚らしいフルートの音に包まれている中で、自分は、フルートの繊細さ、優しさを大事にしようと思って頑張ってはいても、自分も沢山怠け、現代に麻痺している事を痛感させられました。彼の演奏をどのように表現すれば、皆様に解って頂けるか考えて、この記事を書くのが遅くなりましたが、結局、纏まらず、取り留めなく書きます。
ラリューの演奏は、正に、響きだけで演奏しています。息などは殆ど使ってなく、軽く息を吹き込むだけで楽器が響きます。これは、常日頃、私の生徒に教えている方法ですが、その響きの素晴らしさは聞いて頂かなければ解りません。タンギングもフランスの独特なタンギングで、特にダブルタンギングの軽くて美しい響きは、モイーズ、ゴーベール、ルネ・ル・ロワなども共通していますが、どうやるのか解りません。今のフランスの奏法にはありません。おまけにタンギングの種類も何種類もあります。音階は、上行形では浮き上がります。
響きの豊かさは、本当にフルートがこんなに繊細な表現を得意とする楽器なんだと改めて感じさせられます。本当に音が踊っています。また、ラリューはフランスバロックを得意とし、今回もルクレールのソナタを演奏しました。最近、殆ど聴く事の無いフランスバロックは、フルートの重要なレパートリーなので、また勉強しようと思いました。現代の、フルートの演奏は(フルートに限らず)迫力を出そうとか、大きい音を出そうとか考え、本来の音楽から大きくかけ離れていると思います。私を含めて考え直さなければならない時期にきていると思います。昔、吉田雅夫先生が、レッスンで、音楽は、極端から極端に進むと仰っていました。凄くロマンティックな演奏をすると、気持ち悪い程ドロドロとしたロマンティックな世界まで行って、そうすると、今度は、極端に、さっぱりとした表現になると言っていました。そして、不思議な事に丁度良い所で納まらず、極端から極端に常に進んでいると仰っていました。今の音楽もある意味、激しい?表現の極端まできているのかも知れませんね?
道ばたにひっそり咲いている花の美しさ、人々の笑顔の素晴らしさ、ちょっとした優しさを大切に、皆様と対話の出来る演奏を求めて、さあ、練習しなくては!!
11:29 | フルート | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

江津と山口

昨秋に続き島根県で素来家の法要があったため、連休明けから、島根とさとの母親の郷里の山口に行ってきました。
こちらは、松江城にあった「なんじゃもんじゃ」の樹。
P1000720.jpg
そして、日が沈むまでいられなかった為夕日は見れなかったけれど雄大な宍道湖に感激!
P1000730.jpg
しかし、どちらを見てもこのようにしじみだらけでちょっとキモい・・・・
P1000729.jpg
出雲駅近くで見つけた、レトロなビル。
右から「いづビル」って書いてある!地下がライブハウスでした。
P1000733.jpg
行きたかった、出雲大社。
しかし、平成の大修理でご本殿は平成25年まで入れず・・
P1000735.jpg
大社から、出雲市まで乗った、一畑電鉄。
¥300で自転車ごと乗車可能!
P1000750.jpg
やっぱり美しい”江の川”。
P1000757.jpg
ほとんど住民がいないのでは?と思える程、人や車の少ない江津にある「小川庭園」。
雪舟が手掛けた。しかし、こんな素敵な建物が江津にあったとは・・・
持ち主の方は元々京都の方で、観光客が我々だけだったのでゆったりとした時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。
P1000765.jpg
こちらは、山口市内の「雪舟庭園」。
母親の田舎の為、子供の頃から山口は何度も訪れているのに、初めて来た。
江津市よりずっと広い。
でも、どちらもほんとに美しかった。
山口は、島根よりずっと都会?!雨模様なのに観光客が多かった。
P1000788.jpg
同じく山口市内の「瑠璃光寺」。
実は、母方の親戚のお墓があります。
ここは、犬の散歩などで子供の頃たびたび来ていました。
この五重塔は素晴らしいっ!!と、孝治君が感嘆しておりました。
P1000791.jpg
今回の旅行で新たなる発見。
その1。湯田温泉のお湯が思いの外良かった。
その2。島根のお酒が美味しいのは昨秋発見して驚いたけれど、今回は山口のお酒の美味しさにも感激!モチロン、自宅用に購入したヨン
00:44 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

発表会 追加写真♪

生徒の花枝ちゃんのお母様が撮影して下さった、発表会の写真。
PICT0072_convert_20090520005124.jpg
全体写真は、毎度のことながら、孝治君はアナログ一眼レフで撮影するのでPCに掲載出来ない!
で、お母様の撮ってくださった写真。
ん???でも、なんか光ってる???
PICT0097_convert_20090520005243.jpg
00:55 | フルート教室 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

new携帯

P1000713.jpg
さとがたびたび落として、いい加減液晶がやられてしまっていたのでそろそろ機種変を、とずっと思案中でした。
しかし!
最近のシステムが孝治もさともよく判らず、あちらこちらのお店で聞きまくり・・・
ついに、本日!
初のスライド式。
ワンセグだって~~~
(あったらあったで見るかも?)
P1000703.jpg
こちらは、おととい出掛けたブリヂストン美術館。
予想以上の展示作品の多さと、以前から行きたかったうなぎを食べて二人共大満足。
00:21 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

フルート教室ファルベ 発表会終了!!

P1000687.jpg
写真は、最後の全員合奏。低音部が演奏中??
P1000680.jpg
孝治先生とさと先生のバッハ。
P1000700.jpg
打ち上げ終了後、お店のマスターが撮って下さいました。
このマスター、何と植村先生のご子息と同級生!!今度、先生と参りますネ。

今年は、32名のソロ参加者&2名の全員合奏参加者、という大所帯。
みんなそれぞれに色々あったでしょうが、楽しく演奏出来たかな?
また来年、さらに上達してカッコいい曲が演奏出来るよう頑張ろうねっ!
何より、伴奏の高田先生、お疲れ様&ありがとうございました(全員からの、礼)
00:45 | フルート教室 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。