--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑
Sun.

「吉野直子 ジャック・ズーン 今井信子 トリオ」の演奏会に行ってきました

DSC_0002 (640x426)

12月17日(土)午後6時から青葉台フィリアホールで開かれた「吉野直子/ジャック・ズーン/今井信子トリオ」の演奏会に行きました。
バロックから現代曲まで幅広いプログラムでした。
ジャック・ズーンは、現在のフルーティストの中で私が最も好きなフルーティストです。彼の音の美しさ、音楽の表現の豊かさ、テクニックの確実さ、何をとっても超一流です。現在彼は、サイトウキネンオーケストラでフルートを吹いているのをよく見かけますが、東京近郊での演奏会は久しぶりでした。
私(石井)とズーン氏との出会いは、横浜で開かれた日本フルート協会主催の「日本フルートコンヴェンションin横浜」のゲストとしていらした時でした。その当時、私はコンヴェンション実行委員の一人でしたので、彼と親しく接することができました。それ以来、リサイタルや室内楽で何度か来日され、その度に演奏会に足を運び、時には食事も一緒にしました。その後、松本のほうでは何度か演奏会を開いていたようですが、東京・神奈川では演奏会がなく、今回久しぶりの再会になりました。
上の写真は、演奏会終了後、楽屋を訪ねた際に撮ったものです。左から日本フルート協会会長の佐々木真氏、私、ズーン氏、素来、元日本フルート協会事務局長の佐々木親綱氏です。楽屋に入り、「久しぶり!10年ぶりぐらいだね!」と言って私のことを覚えていてくれたことはとても嬉しかったです。

彼の演奏を聴くと響きの大切さ、人間としての暖かさをすごく感じます。彼のフルートは木管で多くの部分を彼自身が製作しています。彼のバロックの演奏を聴くと普段トラヴェルソも吹いているんだろうなと思います。実に多彩な音色で吹き分けます。
なんといっても昨日の演奏の圧巻は、最後のドビュッシー作曲のフルート・ヴィオラ・ハープの為のソナタです。
3人がこの曲を知り尽くしていて、自由自在に表現していました。こんなに素晴らしいドビュッシーの生の演奏を聴いたのは初めてです。
本当に、忘れられない演奏会になりました。
皆様も、これからジャック・ズーンという名前を演奏会のチラシで見つけたら是非聞きに行かれることをお勧めします。

スポンサーサイト
08:28 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

世田谷ボロ市に行ってきました!!

   DSC_0120 (426x640)

世田谷ボロ市に行ってきました。
午後から行ったので夕方は寒くなりあまり長くはいられませんでしたが、素来はデパートで買えば2万円以上するブランドの靴を800円で買い、石井は1枚300円のSPレコードを6枚で1500円で買ってきました。SPレコードは、ビング・クロスビーやパティー・ペイジやベニー・グッドマンなどですが、家に帰り、SPレコードを石鹸水で洗い、蓄音機で再生しましたが、最高でした。
こんなに安くて掘り出し物があるボロ市はとても楽しいですよ!
次回は1月15日16日です。今度は朝から出かける予定です。
興味のある方は是非行ってみると掘り出し物に出会うかもしれませんよ!?
13:02 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

イヴリー ギトリス ヴァイオリンの至芸

皆様、イヴリー・ギトリスというヴァイオリニストは、前にリサイタルに行った感想をこのブログで書きましたからご存知だと思いますが、今回、TUTAYAのオンライン会員になると1ヶ月8枚まで無料で借りられるというキャンペーンがあり、ポイント欲しさに「ハリーポッター」の最後の作品等と共に、イヴリー・ギトリス ヴァイオリンの至芸というブルーレイを借りました。
これは、まだ、カザルスホールにパイプオルガンの入る前に開いた演奏会のブルーレイでしたが、演奏の素晴らしさに圧倒されました。
12月2日に東京文化会館でギトリスがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏するというので出掛けましたが、その時の模様をブログで書こうと思いながら今日に至りましたが、ギトリスは今89歳、恐ろしいテクニックと音楽の表現の深さには、脱帽です。
チャイコフスキーの演奏は、まさに総天然色という日本語がピッタリな極彩色、この人は天国を知っているのではないかと思わされました。
因に、いつも使っているチャイコフスキーの楽譜は、9歳の時にカール・フレッシュ氏から学んだときの楽譜を未だに使っているのだそうです。未だにその楽譜を使っているのも素晴らしいですが、9歳でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が弾けるというのも凄いですよね!
今回のブルーレイは、恐らくまだ70歳代の演奏だと思いますが、表現の豊かさは今の演奏家では絶対無理という豊かさです。
このビデオを見て、なんて私達は規制されたごく一部の世界でものを考えているのかと思い、自分の小ささ、知識の無さ等にがっかりいたします。
皆様もこのビデオをレンタルする事をお勧めします。
きっと新たな価値観や人生観が生まれると思います。

ギトリスさん、ありがとう!!!
00:40 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。