FC2ブログ
Thu.

イヴリー ギトリス ヴァイオリンの至芸

皆様、イヴリー・ギトリスというヴァイオリニストは、前にリサイタルに行った感想をこのブログで書きましたからご存知だと思いますが、今回、TUTAYAのオンライン会員になると1ヶ月8枚まで無料で借りられるというキャンペーンがあり、ポイント欲しさに「ハリーポッター」の最後の作品等と共に、イヴリー・ギトリス ヴァイオリンの至芸というブルーレイを借りました。
これは、まだ、カザルスホールにパイプオルガンの入る前に開いた演奏会のブルーレイでしたが、演奏の素晴らしさに圧倒されました。
12月2日に東京文化会館でギトリスがチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を演奏するというので出掛けましたが、その時の模様をブログで書こうと思いながら今日に至りましたが、ギトリスは今89歳、恐ろしいテクニックと音楽の表現の深さには、脱帽です。
チャイコフスキーの演奏は、まさに総天然色という日本語がピッタリな極彩色、この人は天国を知っているのではないかと思わされました。
因に、いつも使っているチャイコフスキーの楽譜は、9歳の時にカール・フレッシュ氏から学んだときの楽譜を未だに使っているのだそうです。未だにその楽譜を使っているのも素晴らしいですが、9歳でチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が弾けるというのも凄いですよね!
今回のブルーレイは、恐らくまだ70歳代の演奏だと思いますが、表現の豊かさは今の演奏家では絶対無理という豊かさです。
このビデオを見て、なんて私達は規制されたごく一部の世界でものを考えているのかと思い、自分の小ささ、知識の無さ等にがっかりいたします。
皆様もこのビデオをレンタルする事をお勧めします。
きっと新たな価値観や人生観が生まれると思います。

ギトリスさん、ありがとう!!!
スポンサーサイト



00:40 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑