--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | edit | page top↑
Sat.

CD「フルートで奏でる心のうた」

CD表紙

今日は、我々のCD「フルートで奏でる心のうた」にまつわるエピソードをお話しします。

まずは、このCDを作ることになったそもそものきっかけは、さとの母親が昔からとにかく童謡や世界のメロディーを聴いたり口ずさんだりする事が好きで、さとと孝治が結婚した時にその記念に作って欲しい、と言い出したからなんです。
CD製作に関する事なんて、もちろんなぁんにも知らない母親は「身内と近しい人に配るだけでいいから、50枚もあれば・・・」などと申し!!!
CD作るのに50枚でいい、とは何と高額になる事か・・・と説明し、理解してくれました。
ですから、このCDの中に収められている曲は全て母が選曲したものです。
「あれもいいし、これもいいし~~~」
と悩みまくる母に、「せめて40曲までにしてっ!!」と頼み・・・
しぼりにしぼって(モチロン本人は不服だったようですが)23曲、収めています。

母の苦労(?)はここまででしたが、次は”楽譜”。
とにかくさとも孝治もアレンジ物はキライ。
オリジナルをもとめて、23曲の楽譜を捜すのに1年以上かかりました。
小学生の生徒の音楽の教科書を見せてもらいましたが、今はチンプンカンプンな曲がほとんど!
そう言えば、”滝廉太郎の「荒城の月」”も消えてしまったんだよなぁ・・・(悲しすぎるよね)
しかし、どうしても見つけられなかった伴奏譜もあって完全に全くのオリジナル寸法という訳にはいきませんでしたが、かなり頑張りました。(山口さんがそれはそれはセンス良く弾いて下さってます!)
”オリジナル”ということは“歌の譜面”ですから、一緒に口ずさんでいただくことが出来るんですよ。

録音も、絶対にホール演奏の生音にこだわる我々。
同じ拘りを持つ、孝治のドイツ以来のお友達の高橋氏に依頼。非常にいい音で録って下さいました。そしてモチロン1日で。SP大好きな我々は、たくさんのトラックを録って加工したくなかったからです。そのとき、ホールにいらして下さったお客様に聴いて頂いている様に・・・・

「フルートで奏でる心のうた」は、さと命名。
表紙の絵は、拙いですが趣味で水彩画を描くさとの父親に、さとがかつて勉強したイギリスの大好きな場所”コッツウォルズの丘”の写真を見せて描いてもらいました。

最後に価格。
この”税込1500円”というのは、孝治が設定しました。
何故にこんなにお安いかと言うと(さともそうですが)とにかくSPでもLPでもCDでも外版が好きな孝治。何故かって、全然音が(録音が)良いから。そして同じ物でも外版の方が断然安い!!!
だから、です。
良い物が高いのは当たり前、安い物が悪いのもダメ。良い物が安いことがすごくいいことなんです。

おかげさまで、このCDは”音と響き”に拘りを持つフルート仲間(ご長老の先生方も含めて)からは絶大なる評価を頂いております。
もちろん、「次はフルートらしい、CDを」とのお声も。
”音と響き”に高い評価をいただいているファルベは、目下次作を思案中です。

「フルートで奏でる心のうた」は、こちらのブログからもご注文頂けます。
是非お聴き頂いて、皆様にとっての大切な物を再確認して下さい。



スポンサーサイト
00:52 | CD | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ファルベ研究会~第1回 アンサンブル講習会 | top | ぐらんあみコンサート

comments

#
私のトキ(5年前)は教科書に日本の曲すこしはのってましたけど・・・
荒城の月もあったよーな
あかとんぼとかふるさととかエーデルワイスとか隅田川とか・・・
このCD、大おばあちゃんやおばあちゃんが口ずさんでいた曲がいっぱい入っていてきいてみたら知ってる曲が多かったのでたまにかけさせていただいています(^-^)
by: なつこ | 2007/12/22 00:27 | URL [編集] | page top↑
# Re;
なっちゃん、コメントありがとう。
大おばあちゃんやおばあちゃんと一緒に聴きながら、口ずさんでくださいな。心に染み渡る良い曲ばかりでしょう~
ただ・・・・”隅田川”という曲はございません。それはおそらく”花”のまちがい、ではないかな!?さぁ、歌ってみよう!そう、歌詞に”隅田川”が出て来るからね。間違い易いので気をつけよう!(ウフフ)
by: さと | 2007/12/22 01:19 | URL [編集] | page top↑
# CDの感想 フルートの良い音とは
CDはゆうメール(180円)の送料で届きました。

まず、なつかしい、心休まる曲集です。

選曲は、S31生まれの私にも、少し古いかと思うような
つまり知らない、あるいはかすかに聞いたことがある曲もありました。
60歳以上に受けそうです。
その点では 老人施設、介護施設、老人のデイケア施設において
音楽療法の音楽として最適なものかもしれません。

私の医院(整形外科診療所)もお年寄りも多いので、BGMに使えるかなと思います。

やさしい、おおらかな、おだやかな、音楽表現なのですが、
石井さんがモイーズの表現を追求しておられるとのことで、
確かにモイーズを思わせる音の持続と、張り、ビブラートと思いました。

またフルートの音色をいろいろ聞いてみたい人、
クラッシックフルートの音色に興味を持っている人々にお勧めです。
リーブの硬質な繊細な音、ヘインズの落ち着いた音はよくわかります。
クロ-ド・リーブのCDというのは他にあるのかな??資料的価値があると思います。

リーブとヘインズの音色を聞き分けていくうち、
自分の中で音色への理解が深まります。

今後も個性的な,フルートの音色をいろいろ聞かせてくれるCDを期待します。
by: 加藤 良一 | 2007/12/28 18:28 | URL [編集] | page top↑
# CD希望
初めまして。
こちらにて作成されたCD(特にRIVEの音)をぜひ聴いてみたいです。
オールドフレンチは私の師匠も愛用しており、初代と5代目のロット、総銀のゴッドフロイを所有しています。私も何度も吹かせていただき、その良さは理解しているつもりです。
私自身もオールドパウエル(2000番台)、オールドヘインズ(1万番台)を愛用し、オールドに魅せられている一人です。
リーヴは家内の師匠が所有しており、吹かせてもらったことがありますが、スケールが難しいな、と感じました。そのリーヴでどのような音を奏でているのかとても興味があります。
手配のほど、よろしくお願いいたします。
by: 永原啓嗣 | 2013/03/14 21:28 | URL [編集] | page top↑

post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://flutefarbe.blog45.fc2.com/tb.php/129-b4dabfd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。